Home > 各社パネルの発電量比較 > 2011.5月〜

生データで検証中!各社パネルの発電量比較 2011.5月〜

比較




◇2010年・2011年の発電実績データからの各社比較 5月〜4月の12ヶ月データより




年間比較

算出方法・各宅の設置条件などはコチラ


2010年(2011.5月〜2011.4月)と2011年(2011.5月〜2012.4月)の発電実績を設置方角・角度・地域差を加味して、1kwあたりの発電量に換算し比較しています。
『わが家のSAMURAIが比較先のお宅の条件で設置された場合の予測される発電量』と『各宅の実際の発電量」を比較することで、パネルの種類別の実力に迫ろうという試みです。

この試みを2年間継続してきてわかったことは…

●HITパネルは高効率である
●太陽光パネルは新型のほうが効率が良い
という巷で言われていることは本当だったということ。そして…

●同じ種類のパネルでも、2面設置より1面設置のほうが、かつ、大容量になるほど効率も上がる
ということもわかってきました!

わが家のように、ちっさいお屋根のお宅にはつらい現実(T T)ですが、それでも、太陽光発電は設置することに意義があると思っておりますので、前を向いて頑張って(?)いきたいと思います。

今年の結果で気になることは、CISの対比値が下がってしまったこと。
実際同じ場所での実績を直接比較してるわけではないので、局地的な天候や周辺環境の変化までは反映できないためと思われます。所詮、シロートの我流の比較方法なので、あくまでも参考としてご覧いただければ思います。

「メーカーごとの実力の違いはわかったけど、まだまだ不安が残る」そんな方には、ぜひ!
後悔しないための「太陽光発電導入時の5つのポイント」はこちら…


●太陽光発電は、1にも2にも相見積もり!
【無料・最安】価格.comの太陽光発電一括見積り!複数社の見積りを比較!  
 
 

◇4月は6ヶ月ぶりにメーカー予測発電量をクリア!



算出方法・各宅の設置条件などはコチラ


<2012.4月の概況>
4月も日照不振でしたが、6ヶ月ぶりに予測発電量をクリア!
太陽高度が上がり、本格的に北面のパネルが稼動し始めた様子です。 各宅の順位は変わらず、HITのC宅・大容量京セラのF宅が安定して高効率を発揮しています。

※下記の2010年実績にある、HITパネルのB宅は改築に入ったご様子なので、トレース対象から外しました。
 E宅様も2ヶ月連続して実績不明のため、トレース対象から外しました。




●おまけ…主な太陽光発電メーカーHPリンク集

パナソニックサンヨー東芝三菱京セラシャープソーラーフロンティアホンダ





>>NEXT ソーラーフロンティアの実力!  2010年間実績比較


inserted by FC2 system